読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu 11.04インストール後の環境構築 -開発環境構築編-

はじめに

基本編に引き続き、Ubuntu 11.04の開発環境を構築します。

環境

環境構築

Gitをインストール

$ sudo apt-get install git

GTAGSをインストール

$ sudo apt-get install global

RVMをインストール

1. 必要なライブラリなどをインストール

$ sudo apt-get install zlib1g zlib1g-dev curl ruby ruby-dev rubygems


2. RVMをインストール

$ wget https://rvm.beginrescueend.com/install/rvm
$ bash rvm


3. シェルの設定ファイル(.zshrcなど)の最後に↓を記入

if [[ -s $HOME/.rvm/scripts/rvm ]]; then
    source $HOME/.rvm/scripts/rvm
fi


4. RVMのRubyで使用するライブラリをインストール

$ rvm package install openssl
$ rvm package install zlib
$ rvm package install readline
$ rvm package install iconv
$ rvm package install libxml2


5. Rubyをインストール

$ rvm install 1.8.7 -C "--enable-shared=true,--with-opt-dir=$HOME/.rvm/usr"
$ rvm install 1.9.2 -C "--enable-shared=true,--with-opt-dir=$HOME/.rvm/usr"

OpenCV 2.2をインストール

Ubuntu11.04では、2011年4月29日時点でSourceForgeにある安定版(OpenCV 2.2.0)をインストールしようとすると、ビルドで失敗します。この問題はリビジョン4962で修正されているため、この修正が取り込まれた最新のソースコードsvnで取得し、インストールします。

追記: パッチが出てました。これを当ててやれば、安定版のOpenCV2.2.0でも問題なくビルドできるようになります。手元の環境ではUSBカメラも使えました。


1. まずは依存ライブラリやツールをインストール

$ sudo apt-get install subversion cmake pkg-config build-essential \
 libtbb2 libtbb-dev \
 libgtk2.0-0 libgtk2.0-dev \
 libpng12-0 libpng12-dev libpng++-dev libpng3 libpnglite-dev libpngwriter0-dev libpngwriter0c2 \
 libjpeg62 libjpeg62-dev libjpeg-progs \
 zlib1g zlib1g-dev libjasper-dev libjasper-runtime libjasper1 \
 pngtools libtiff4-dev libtiff4 libtiffxx0c2 libtiff-tools \
 ffmpeg libavcodec-dev libavcodec52 libavformat52 libavformat-dev \
 libgstreamer0.10-0 libgstreamer0.10-dev libgstreamer-plugins-base0.10-dev \
 libxine1-ffmpeg libxine-dev libxine1-bin libunicap2 libunicap2-dev \
 libdc1394-22-dev libdc1394-22 libdc1394-utils swig libv4l-0 libv4l-dev \
 python-numpy libpython2.7 python python-dev \
 openexr libswscale0 libswscale-dev libeigen2-dev libopenexr-dev


2. 作業ディレクトリを作成し、OpenCVの最新のソースコードを取ってくる

$ mkdir work
$ cd work
$ svn co https://code.ros.org/svn/opencv/trunk/


3. ビルドしてインストール

$ cmake -D CMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE -D CMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
 -D BUILD_PYTHON_SUPPORT=ON -D WITH_TBB=ON -D WITH_GTK=ON -D BUILD_EXAMPLES=ON \
 ./trunk/opencv
$ make -j2
$ sudo make install
$ sudo ldconfig

参考: 画像処理 - 赤門坂の下 Wiki*

まとめ

Ubuntu 11.04の開発環境の構築を行いました。